こたつの電気代が安い!さらに節約出来る小技とは?

こたつに入るのって、ぬくぬくで、あたたかくて、気持ちいいですよね。

毎年、寒くなってくると、こたつには、お世話になっています。

つねに、部屋の中心にあって、生活の中心になって、コタツの中でくつろいでいます。

一日中、生活で使っているこたつですので、やっぱり、電気代って、気になっちゃいますよね。

こたつって、元々、電気代がかからない暖房器具ですが、それでも、かしこく使えば、こたつの電気料金は、もっと節約、節電できるってこと、知ってました?

スポンサーリンク

少しずつ、ぼくなりの節約の仕方を、紹介していきたいとおもいます。

小技ですが、電気代が、劇的に安くなるんですよ。

サーモスタットはこたつの節電機能?


こたつの電気代節約について、説明するのに、ぜひ伝えておきたい、最新の、こたつの機能があるんです。

それは何かというと、ご存知かもしれませんが、サーモスタット機能というんです。

こたつの中の温度を、自動的に感知して、温度が一定温度以上になると、オン、オフを繰り返す機能なんですよ。

この機能によって、こたつ内の温度が、一定に保たれているんです。

サーモスタットのあるこたつの特徴
サーモスタット機能のついている、最近のこたつは、ヒーター部分の、出っ張りが少なく、こたつの中が、とても広く感じるんです。

また、こたつ内の、それぞれの場所の、温度差が少なく、隅々まで、あたたまるのが、特徴的なんですよ。

通常のこたつの、表示ワット数は、500Wぐらいで、11円/時間、程度だったりしますが、サーモオフ時に、停止する時間もありますので、実質は、もっと低く、1時間3~4円ともいわれているんですよ。

では、実際の、節約方法について、話していきましょうね。

具体的に節電する小技とは?

こたつの電気代を、さらにおさえる方法には、次の3つが、あるんですよ。

  • 温度の設定
  • 外気にできるだけふれない
  • こたつ布団での温度操作

順におって、いきましょう。

温度の設定

はじめは、設定温度を「」にしておいて、しばらくたって、こたつ内が暖かくなってから、「」に切り替えると、節電になっていいんですよ。

ご家族がいるかたでしたら、できるだけ、いっしょにこたつに入るのも、いい方法です。

入る人数が多い分、人の体温やぬくもりが、こたつ内の温度を高くし、より保温機能を高めることになるんです。

こたつによって、まず、下半身が暖められると、やがては、温かくなった血液が、全身を循環して、だんだんと上半身も、ぽかぽかさせてきます。

それでも、上半身が寒さを感じる場合には、上から何枚か、少し重ね着をするぐらいで、あったかさが、案外、ちょうどよかったりします。

ほかの暖房器具と、併用するような場合でも、こたつで体が温まっているので、ほかの暖房器具の温度を、低く設定しても、すむようになっているんです。

低くできる分だけ、電気代の節約になるんですよ。

外気にふれない

なるべく、こたつの中に、外気を入れないように、工夫するのも、いい方法なんですよ。

こたつ布団を、しっかりとかぶせておいて、なおかつ、できるだけ、めくれないようにしておくと、実は、それだけで、保温効果も継続して、サーモスタットも、よく働きやすくなるんです。

必要に応じて、サーモスタットが、オン・オフしやすくなる状況になって、平均すると、電気代がずっと安くなるんです。

時間や場所にもよるんですけど、1時間1円っていうことも、あるんだそうです。

また、こたつの出入りを迅速にすると、こたつ内に、冷たい外気が入るのも防げちゃいます。

スポンサーリンク

こたつ布団での温度操作

こたつ布団で、しっかりしたものをひくだけでも、実は、省エネや節電につながるんですよ。

保温性も高くなるし、その分、サーモスタットオフ時間も、増えるからです。

具体的な方法としては、

  • こたつの上掛け布団
  • さらに敷布団をしく

の、2つです。

こたつの上掛け布団

こたつ布団の上に、更に、上掛けぶとんをかけておくだけで、厚みが増して、かさばりも、ふえていきますよね。

なので、布団をはいだり、広げ上げた時に入る、すきま風の侵入も、とても少なくてすむようになるんですよ。

外気の侵入を防ぐことになるので、案外、保温効果もより高くなるんです。

さらに敷布団

特に、フローリングに、こたつを敷く場合、畳の部屋に比べて、放熱量が多いんです。

「こたつが、なかなか温まらない…」「暖まっても冷えやすくてさむい…」なんてことも、十分ありえます!

敷布団を敷いておくだけで、床への放熱を防ぎ、なおかつ、床方向への断熱効果があります。

また、敷布団の下に、断熱シートを敷くと、さらに、効果的なんですよ。

 


 
電気代の安いこたつを、さらに節電して、使っちゃう方法として、「温度設定の調節」「外気をいれない」「しっかりしたこたつ布団」を、伝えさせてもらいました。

一日中はいっていたって、平気なコタツなだけに、今年の冬、参考にしてくださいね^^

こたつって、本当に、きもちいいんですよ。

気持ちよくなりすぎて、眠くなって、横になったら、朝まで寝てしまうってことって、よくあると思います。

つけっぱなしになっちゃうので、注意して、スイッチを切って、布団で寝るよう、気をつけたいと、おもっています。

と言いながらも、今年も、こたつのお世話になっちゃいます!!

スポンサーリンク


コメントを残す