豚汁をリメイク!時短レシピで超簡単!

豚汁のおいしい時期がやってまいりました~

さむい時期にたべるなんてときは、もう楽しみで楽しみで♪

豚汁を自宅でつくるってときは、具だくさんで、しかも、作り置きができるぐらい、量を多めに、わざと、つくっちゃったりしています。

で、豚汁をたべた、明くる日のメニューや献立にも、ご存知のとおり、活かすことができちゃったりしますよね。

豚汁をリメイクして、全く別の味を、楽しんじゃうのもいいです。

なので、おすすめの豚汁リメイクの献立を、紹介していこうと思いますので、ぜひぜひ共有してくださいね。

スポンサーリンク

豚汁の簡単リメイクレシピって何?

冬に心も体もあったまるメニューで、大人気の豚汁なんですが、豚汁を利用して、リメイクする事で、時短レシピにもなり、しかも、節約になっちゃうんです。

2度目の煮込みなので、おだしも効いていて、リメイクしても、さらにおいしいなっちゃう。あえてリメイクのために多めに作っておくのも、全然アリです。

小技を覚えて、手間が少なく簡単にできる、リメイク術の達人になっちゃいましょう。

では、いくつか具体的なレシピをみていきましょうね!

豚汁リメイクカレー

お子さんに大人気のカレーも、豚汁をリメイクすることで作れちゃいます。

紹介していきます。

  1. 余った豚汁の入った鍋を用意する
  2. 固形コンソメ、水、牛乳を入れて煮込む
  3. 煮えてきたらよくかき混ぜる
  4. いちど火を止めます
  5. カレーのルーを混ぜる
  6. お好みのトロミ加減に調整する
  7. 火をつけ10分程度弱火で煮込む
  8. ウスターソースと牛乳で味を整える

最初からカレーを作るよりも、はやいですし、豚汁のおだしが出ているので、すごくおいしいです。

うどんはいかが?

うどんも食べやすくて、おだしも効いていて、おいしいです。

まず

  1. 豚汁の残ったお鍋に水を足し、量を調節
  2. 鍋を火にかける
  3. ほんだしなど加えおだしの味を調整する
  4. 沸騰してきたらアクを取る
  5. お味噌を加えて、味を調節
  6. 冷凍うどんを鍋に入れる
  7. 中火で好みの加減まで煮込む
  8. 皿に盛りつけ、ネギを加えます
  9. お好みで七味唐辛子を加えいただきます

たまに、妙に、おうどんが食べたくなります。

とろろ昆布や天ぷらなどの具材があれば、のせるだけで、おいしさが増した気がして、楽しくなっちゃいます。

スポンサーリンク

温かいシチューも

シチューで、体もあったまります。

  1. 豚汁の余った鍋に牛乳を加える(牛乳がない場合はお水でもOK)
  2. お鍋を煮込みます
  3. 鍋が沸騰したらシチューのルーを入れる
  4. お好みの量を加え、濃さを調節する
  5. コンソメの素を入れても味がまとまる

味噌とクリームって、妙に相性が合うようで、ものすごくおいしく仕上がります。

もちろん好みにもよりますが、和風シチュー仕立てで、おいしいです。

なんと炊き込みご飯も

炊き込みご飯も、作れちゃいます。

リメイクで、おかずとご飯がつくれちゃいます。

まず、

  1. 豚汁の具材を食べやすい細切りにする
  2. 豚肉も適当な大きさに食べやすく切る
  3. 炊飯器にといだお米と1,2の具を入れる
  4. 豚汁の汁、みりん、醤油を入れ、味付け
  5. 目盛りまで、足りないお水を加えます
  6. 炊き上がったらいよいよ完成です

これもお出しが効いていておいしいです。

豚汁リメイクのメリットとは?
豚汁を再調理して、おいしくたべる事のメリット、リメイクすることのよさって、あって、次の4つなんですよ。

食費の節約

リメイク料理のメリットとして、食費の節約につながります。

一つの料理の食材を使い回している分、節約になります。

調理時間を短縮

手間を省略できるので、調理時間を、めちゃくちゃ短縮できるんです。

はじめから、そのメニューを作るよりも、はるかに手間も少なく、簡単かつ短時間で、できちゃいます。

通常よりおいしく仕上がる

結果的に、倍の時間を煮込んでいるので、その分、おだしも味もしみこんでいて、よりおいしく仕上がります。

献立上手になれちゃう

豚汁を作った次の日に、いくつかのリメイクパターンを繰り返してもいいので、献立のレパートリーや、料理のパターンがだんだんと増えていっちゃいます。

 


 
1回おいしくたべて味わった豚汁を、別の料理にする献立例や、リメイクすることのよさなどを、伝えさせてもらったんですけど…

豚汁って、本当に、おいしいですよね。

1日目は、純粋に、豚汁の味を楽しんで食べて、2日目以降は、リメイクした、メニューやレシピを楽しむことだって、できちゃうんです。

しかも、簡単で、なおかつ時間短縮につながるレシピで、お出しも効いていて、おいしいのですから、使わない手はないと思うんですよ。

今年も、豚汁をおいしくいただいちゃいますm(_ _)m

スポンサーリンク


コメントを残す