大雨・洪水警報の基準とは何なの?

いやぁ~、雨の日が続きますよね。

ついに台風の時期がやってきました。

最近は、全国的にも雨がずっと続いていて、ニュースやテレビなどを見ていても、暴風雨や台風情報など、連日、報道されちゃってますよね。

番組やバラエティなどを見ていても、画面の上の方に、テロップで、気象警報などの文字がでてきて、それが自分の住んでいる地域の情報だったりしたら、やっぱり気になって見ちゃいます。

雨の多いこの時期は、気象警報の中でも「大雨警報」だとか「洪水警報」などを、ご存知の通り、見かけることが多くなってきましたよね。

スポンサーリンク


よく「大雨洪水警報」って形で、一緒に発表されていたり、片方ずつ発表されていたり、それぞれの内容や意味が、似通っていたりで、ホント意味わからんって思っちゃいます。

ですので「大雨警報」「洪水警報」のちがいや、それぞれがどういう基準で発表しているのか、などをお伝えしていこうとおもいます。

大雨警報とは?

大雨が原因となって、浸水災害(建物の浸水等)や土砂災害(がけ崩れ、地すべり、土石流など)などの重大な災害が、発生するおそれがある場合に、その旨を警告するために、大雨警報が、発表されるんです。

土砂災害がおこる場合には、地面現象警報を、浸水災害の場合には、浸水警報を、それぞれ発表するんですけど、大雨警報の発表は、その2つの警報を、含んだ内容になっているんですよ。

また、警戒を要する事項の詳細情報(大雨の期間や予想雨量など)なども、一緒に伝えられています。

大雨警報
災害 土砂災害 浸水災害
内容 山崩れ,地すべり,がけ崩れ,土石流等 建物の浸水など
警報 地面現象警報 浸水警報

洪水警報とは?

大雨や長雨、融雪などの影響で、河川の増水、氾濫等がおこって、堤防やダムなどが、損傷や決壊をおこすような、重大な災害発生が予想される場合、その旨を警告するために、洪水警報を、発表するんですよ。

また個々の河川で、洪水が発生する場合は、指定河川洪水警報として、河川を個別指定して、その周辺地域に、警戒を呼びかける事ができるようになっています。

では「大雨警報」「洪水警報」それぞれの発表の基準を、追っていきましょう。

大雨警報と洪水警報の基準

「大雨警報」や「洪水警報」は、それぞれに定められている基準値に、達したり上回ったりすると予想された時に、発表されています。

大雨警報の基準」「洪水警報の基準」おのおの、順に、みていきましょうね~

また、警報の種類や、地形や地質、状況や場所、天気の特徴などによっても、各市町村で、その基準値はちがってきます。

大雨警報の基準とは?

大雨警報の発表基準には、

  • 浸水災害の場合
  • 土砂災害の場合

の、2つが設定してあって、そのどちらかが、基準値に到達すると、大雨警報として、警告を呼びかけているんです。

大雨警報 大雨警報の基準値
浸水災害 降雨量(1時間or3時間)
土砂災害 土壌雨量指数
浸水災害の場合

浸水災害発生時には、対象区域に降る雨の量を、基準値にしています。

1時間あたり、あるいは、3時間あたりの降雨量が、雨量基準に達すると予想される場合、各市町村にて、大雨警報(浸水災害)が発表されることになっているんですよ。

土砂災害の場合

土砂災害発生のおそれがある場合には、警報を発表するかどうかの判断として、土中にどれくらい雨水がたまっているかを示す、土壌雨量指数をつかっています。

基準値をこえ、発生の危険性が増してくると、市町村で、大雨警報(土砂災害)を発表するんです。

また、土砂災害の発生しない市町村もあり、そこでは、土壌雨量指数の基準値そのものが、設定されておらず、当然ながら、土砂災害警報が、発表される事もないんですよ。

土壌雨量指数とは?

土壌雨量指数とは、「降った雨がどれだけ土壌中に貯まっているのか」を考慮に入れて、見積もり、指数化したものなんですよ。土砂災害が発生する危険性が、どれくらいあるのかを、わかりやすくするために、データを数値化しているんです。

降った雨水は、地下水となって、ゆっくり時間かけて、川や海へ流れ出るので、染みこんだ雨は、急には減らず、地中に溜まっている状態である事も、多いんですね。

何日も前に降った雨などの、土中の水分量が影響して、土砂災害を、引き起こしてしまうことがあります。

土壌に含まれる水分量が、多ければ多い程、大量の雨が、地中に染み込めば染みこむ程、土砂災害(土石流やがけ崩れなど)の発生する危険度は、当然ながら、高くなってしまうんですね。

また、各市町村で、地形や状況が違い、災害発生の危険性も異なっているので、土壌雨量指数の計測値が同じでも、設定される基準値は、当然ながら、各地域でちがうんですよ。

洪水警報の基準とは?

洪水警報を発表する基準には、

  • 雨による洪水の場合
  • 上流域の水が流れ込む洪水の場合

の、2つがあるんです。

どちらかの場合で、基準に達して、洪水を引き起こす危険性があると判断されると、洪水警報が、発表されるんですね。

洪水警報 洪水警報の基準値
雨による洪水 降雨量(1時間or3時間)
上流域からの洪水 流域雨量指数
雨による洪水の場合

小河川などで、雨によって、洪水をおこす可能性がある場合には、降雨量を基準にしています。

対象区域で、1時間、または、3時間当りの降雨量が、基準値をこえると予想され、河川水位が上昇し、洪水の危険性が増していくと判断された場合、各市町村単位で、洪水警報が発表される事になっているんです。

上流域から流れこむ水で洪水になる場合

上流域周辺で降った雨などが、時間をかけて、河川へ流れ込み、洪水を発生させてしまう事があります。

上流域に降った雨が、対象区域や河川に、どれ程流れ込むのかを示したものが、流域雨量指数で、洪水が起こる危険性の、判断基準として、用いられています。

流域雨量指数の基準を超え、重大な洪水災害を引き起こす、おそれがある場合には、洪水警報が発表される事になっているんですよ。

また、上流域で降る雨が、河川の洪水に影響が少ないと、判断されている市町村もあります。

そういう地域や河川では、流域雨量指数は設定されてなくて、基準値は降雨量のみで、洪水警報が発表されています。

流域雨量指数とは?

河川上流域でふった雨水が、対象区域へどれくらい流れ込み、どの様な影響を与えるか」を表したものが、流域雨量指数で、洪水発生の危険度を判断するのに、用いられているんですよ。

これまでに流域でふった雨の量と、今後数時間ふると予想される降雨量の、2つから、流出過程と流下過程を計算して、指数化する事で、算出されています。

上流域で雨が降り始めた瞬間から、中流や下流域に流れてくるまでの、流下の時間差や、河川上流域の降雨量などが、考慮されているんです。

また、流域20km以上の河川に限り、流域雨量指数基準は設定されています。

で、大雨警報と洪水警報のちがいって、なんだと思います?

スポンサーリンク

大雨警報と洪水警報の違いとは?

重大な浸水災害が発生すると予想され、警報が発表される際、

  • 大雨警報の場合
  • 洪水警報の場合

では、対象とされる地域の状況が、とてもよく、似通っているんですよ。

それぞれの状況の違いについて、一緒に確認していきましょうね。

大雨警報の時の状況

浸水災害に関する警報情報は、通常大雨警報に含まれた形で、発表されているんですよ。

急な大雨、長期的に続く長雨、融雪などの影響で、田畑等低い土地で、雨水などがあふれかえって、浸水や冠水なども、引き起こされてしまいます。

わりと水深もあり、広範囲に広がる、水たまりなども、発生することがあります。

下水道の氾濫、溢水、床下浸水なども起こったりもします。

洪水警報の時の状況

川の増水や氾濫などの、河川に関わる浸水災害は、大雨警報ではなく、洪水警報で、警告を呼びかけることになっているんです。

大雨とか長雨などによって、河川の水が増えてしまい、あふれかえってしまいます。

破堤や溢水などが生じて、堤防やダムが破壊や損傷を受けてしまうようなことが、起きることもあります。

その結果、低い土地に浸水などを、引き起こすこともあります。

ちなみに、津波や高潮などによって、河口付近で増水したり、海岸付近の低い土地に浸水を引き起こすような、重大な災害が発生するおそれがある場合は、津波警報か高波警報で、警戒をよびかけるようになっているんですよ。

同時発表されることも…

単位時間の降雨量という、同じ判断基準をもっているので、大雨警報も洪水警報も「大雨洪水警報」という形で、抱き合わせて、発表されていることも、多いですよね。

対象地域では、同一気象条件になるので、同時発表される事も多く、場合によっては、同時解除になる事も少なくないようです。

でも、大雨のふった地域で、必ずしも洪水が発生するとは限らないように、「大雨警報」と「洪水警報」、それぞれ個別に発表されていることも、当然ながら、多く見かけます。

たとえば、突然のゲリラ豪雨などの時に、やむを得ない状況で、短時間で、大雨警報のみを発表していながらも、洪水警報は、発表する必要がない場合などがあります。

また沖縄の宮古島地方などは、石灰岩でできた平らな島が多く、河川がほとんどないので、大雨警報の基準値は設定されていても、洪水警報の場合は、基準そのものがないんですよ。河川のない地域では、大雨がふっても、洪水警報は、発表されないんです。

雨がやんでも御用心

「大雨警報」「洪水警報」がだされた後、雨があがって、天気が回復したにもかかわらず、警報が解除されないことってあるんですよ。

大雨警報の場合

たとえ雨が降りやんだ後だったとしても、大雨のために地盤が緩んでしまって、土砂災害の危険性が続いていたり、浸水災害の発生の可能性があれば、大雨警報の発表を継続することがあります。

指定地域で雨が降ってなかったとしても、土壌雨量指数が高い状態だったとしたら、重大な土砂災害が発生するおそれが、残っているので、大雨警報が解除されないことも、少なくないんですよ。

洪水警報の場合

指定区域で、雨が降り止んだ後だったとしても、河川の中流、下流で、雨が少ししか降っていなかったとしても、上流域で、大雨が降れば、依然として、洪水警報が解除されない場合もあります。

上流域の降雨によって、流域雨量指数が上昇し、高い状態をキープしていたり、河川水位が、なおも高く維持されたりしていると、洪水警報の発表を、継続することもあるんですよ。

雨が降り止んだとしても、基準値をこえていて、洪水などの重大な災害がおきる可能性が残っている場合は、解除されないんです。

 


 

台風などで、大雨警報や洪水警報が発表されると、実生活の中で、さまざまな影響がでてきちゃいますよね。

通勤電車が遅延したり止まったり、学校が休講になったりするのは、もちろんの事なんですけど、新幹線、鉄道、航空便の遅延や中止、高速道路の速度制限や通行止めなどの事態になっちゃうほど、気象状況が悪化しちゃうと、もう大変ですよね。

そんなときは、ぜひ「大雨警報」「洪水警報」の基準や違いなど、ご参考に^^

夏休みは、台風も発生しやすい時期なのに、花火大会や海水浴などの、イベント事がとても多いです。

なので、外出の際には、気象情報など、気をつけてみておきたいものです。ニュースやインターネットなどで、常に、最新の気象情報を、入手するようにしておけば、万全。

そして、災害が発生する前に十分な情報を得て、避難の対策など、早めに事前準備しておく事で、冷静な行動をできるように、心がけていきたいです。

スポンサーリンク


コメントを残す